漫画家 月子の告知専用暫定ブログ。ネタバレはありません



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
週刊文春1月24日号「漫画の時間」
 1月17日発売の『週刊文春』(文藝春秋社発行)1月24日号
いしかわじゅん先生による漫画書評コラム【漫画の時間】にて、
月子『彼女とカメラと彼女の季節』をご紹介いただきました。
よろしければご覧ください。


記事掲載 comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








まるで”カノカメ”作者本人へのラブコールみたいな今回の『漫画の時間』。ほど良くちょいワルを装った(?)いしかわさんならではのやや遠まわしな、その新人作家の才能に対する惜しみない賛辞のようにも感じられました。

”カノカメ”の魅力とはやっぱり、ちょっと天然で他とズレた感性をもった主人公たち。そして、そのキャラ三人それぞれが他者がうらやむ自己の魅力には全く無頓着で、自ら持ちえない他者の内在的な美しさ(または才能)に心奪われ悩み苦しむというせつなさ。

「ブスは撮らない」−仙堂さんが自意識過剰な同級生に発したこの一言。たぶん、本当に魅力的な人は自分の本当の美しさに気づいていない人。そう、この月子さんの作品は、そのような心研ぎ澄まさねばわからない本質的なことを読む人を試すように伝えてくれているように思えます。
from. ”コノコメ” | 2013/01/21 02:01 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>